16.20 - 整合性QOPポリシーの構成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

保全性はTeradata Databaseシステムとそのクライアント間で送信中にデータが変更されないことを保証するためにシステムが使用する自動チェックサム ルーチンです。

チェックサム ルーチンに特定のハッシュ アルゴリズムの使用を要求する保全性ポリシーを作成し、ユーザー、プロファイル、またはネットワーク グループごとにポリシーを適用できます。

保全性または機密性QOPの対象となるセッションがKerberos認証メカニズム(QOPポリシーをサポートしない)を使用する場合、システムは保全性の使用を強制しますが、ポリシーで指定されたQOPアルゴリズムは無視し、Kerberosによって提供されるアルゴリズムを使用します。


保全性QOPポリシーを構成するには:

  1. TdgssUserConfigFile.xmlを調べて、QOPエントリが有効であり、要件に応じて設定されていることを確認します。 保護オプションの品質に関わる操作を参照してください。
  2. 保全性QOPコンテナを作成します。 integ-qopsコンテナの作成を参照してください。
  3. 必要な保全性QOPオブジェクトを作成します。 integ-qopsコンテナ内の整合性QOPオブジェクトの作成を参照してください。
  4. 各保全性QOPにメンバーを追加して、QOPポリシーを適用します。整合性QOPポリシーへのメンバーの割り当て
  5. 保全性QOPからメンバーを削除します(オプション)。 整合性QOPからのメンバーの削除を参照してください。