16.20 - 機密性QOPポリシーをTeradataプロファイルの適用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

次の例は、QOP内のメンバーシップをディレクトリ内の既存プロファイル オブジェクトに割り当てる方法を示します。

ユーザーがプールされたセッションを使用するアプリケーションを使用してデータベースにログオンすると、ユーザーにはアプリケーション ユーザーのプロファイルが適用され、ユーザーがメンバーシップを持つプロファイルやマッピングされたプロファイルは適用されません。

Teradataスキーマ拡張を使用する場合:

dn: cn=low,cn=conf-qops,cn=policy1,cn=tdatrootP,dc=domain1,dc=com
changetype: modify
add: member
member: cn=profile1,cn=profiles,cn=system1,cn=tdatA,dc=domain1,dc=com

ネイティブ ディレクトリ スキーマを使用する場合:

dn: cn=low,cn=conf-qops,cn=policy1,cn=tdatrootP,dc=domain1,dc=com
changetype: modify
add: member
member: cn=profile1,ou=profiles,ou=system1,ou=tdatrootA,dc=domain1,dc=com