16.20 - 既存のLDAPメカニズムを無効にする - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  1. 現在のLDAPメカニズム構成をコピーし、新しい<LdapConfig>セクションで使用するか、現在の構成に戻す必要がある場合に備えて保存します。
  2. TdgssLibraryConfigFile.xmlのLDAPメカニズムのUseLdapConfigプロパティをTdgssUserConfigFile.xmlのLDAPメカニズムにコピーし、プロパティを"yes"に設定します。これにより、複数のディレクトリ サービス構成を含むことができる<LdapConfig>セクションを使用するようにシステムに指示できます。 例は以下のとおりです。
    UseLdapConfig=“yes”