16.20 - UDTとUDM - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
目的 必要なユーザー権限
UDTを作成、変更、または削除する UDTTYPEはデータベース レベルでのみ付与されます。この権限は、UDTUSAGEのすべての能力と、UDTを作成、変更、および削除できる能力を備えています。ユーザーは、キャスト、順序、または変換プロパティを作成または削除することもできます。

ただし、この権限を持つユーザーは、新しいメソッドを作成したり、既存のメソッドを削除または置換したりすることはできません。

UDMを作成、変更、または削除する UDTMETHOD.この権限は、UDTTYPEのすべての能力と、UDTとそのメソッドを無制限に使用、作成、削除、または変更できる能力を備えています。
テーブルまたはビュー内でUDTまたはUDMを使用し、関連するすべてのメソッドを実行する UDTUSAGE.この権限はデータベース レベルとオブジェクト レベルの両方で付与できます。自動権限ではないため、ユーザーはこの権限を付与されるか、ロール経由で取得する必要があります。UDTUSAGE WITH GRANT OPTIONが付与されたユーザーは、それを(オプションで、WITH GRANT OPTIONも一緒に)他の人に付与できます。

UDTUSAGEは、ユーザーに、既存のUDTとそのメソッドを参照するすべてのSQL文を実行できるようにします。新しいUDTの作成、既存のUDTの順序、キャスト、または変換動作の変更、あるいは新しいメソッドの作成はできません。

UDTに対するキャスト操作を作成または変更する CREATE CAST権限とREPLACE CAST権限