16.20 - schemaNamingContext値検索の説明 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
検索条件 説明
ldapsearchの入力
-b "" RootDSEオブジェクトを取得するための““の検索ベース(-b)とベースのスコープ(-s)を指定します。
-s base
-H ldap://host:port/K1 ディレクトリ サーバーのURIを指定します。
schemaNamingContext 検索で返される属性値を制限するには属性名を指定します。そうでない場合、使用可能なすべての属性の値が返されます。
ldapsearchの出力
dn:schemaNamingContext 出力がスキーマ名前付けコンテキストの固有の名前であることを表わします。
schemaNamingContext CN=Schema, CN=Configuration,DC=k1dns, DC=k1dns,DC=systemone, DC=com SchemaNamingContext属性の値。