16.20 - OpenLDAPへのスキーマ拡張のインストール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  1. Teradata DatabaseサーバーでTDGSS/etcに移動し、tdat.openldap.schemaと、必要に応じてipfilter.openldap.schemaファイルをコピーします。
  2. viやその他のテキスト エディタを使用して、以下のようにファイルをOpenLDAPスキーマ ディレクトリ(通常は/etc/openldap/schemaにあります)にコピーします。
    以下に示すincludeコマンドの詳細は、SUSE Linux Enterprise Server 10で動作するOpenLdapに基づいています。OpenLdapが他のオペレーティングシステムで実行されている場合は、OpenLdapのマニュアルを参照してこの手順を確認してください。
    vi /etc/openldap/slapd.conf
    include /etc/openldap/schema/tdat.openldap.schema
    include /etc/openldap/schema/ipfilter.openldap.schema
    include /etc/openldap/schema/policy.openldap.schema
    使用する予定のスキーマ拡張のみを含めるだけですみます。
  3. OpenLDAPサーバーのslapdデーモンを再起動します。
    /etc/init.d/ldap restart

    または

    /etc/init.d/ldap stop
    /etc/init.d/ldap start
  4. 存在するサーバー レプリカごとにステップ2とステップ3を繰り返します。
    すべてのサーバーにTeradataスキーマ拡張機能のコピーをインストールし、必要な再起動を実行するか、Teradataオブジェクトのレプリケーションが失敗するまで、Teradataオブジェクトをディレクトリに追加しないでください。