16.20 - データベース認証とLDAP認証 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
  • ディレクトリはLDAPv3準拠である必要があります。 証明済みディレクトリについてを参照してください。
  • すべてのKerberosクライアント、Kerberosクライアントが接続しているすべてのデータベース、使用されている場合はUnityサーバーでLDAPメカニズムが有効になっていることを検証します。LDAPメカニズムをクライアントのデフォルトとして設定します。そのように設定しない場合、ユーザーはログオン時にLDAPメカニズムを指定する必要があります。
  • ログオン時に使用されるディレクトリ ユーザー名はTeradata Databaseユーザー名と一致しなければなりません。許容されるログオン ユーザー名の形式については、Sign-on Asを使用したログオンを参照してください。
  • 一致するTeradata Databaseユーザー名には、LOGON WITH NULL PASSWORD権限がなければなりません。 データベースのユーザー権限の操作を参照してください。
  • LDAP AuthorizationSupportedプロパティは、データベース上および(使用されていれば) Unityサーバー上のTdgssUserConfigFile.xmlでnoに設定する必要があります。TDGSS構成の変更を参照してください。
  • Unity経由でログオンするLDAP認証ユーザーについては、<Teradata® Unity™のインストール、構成、アップグレード ガイド、ユーザー用、B035-2523>および<Teradata® Unity™ユーザー ガイド、B035-2520>を参照してください。