16.20 - LdapClientReferrals - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

LdapClientReferralsプロパティの設定は、ディレクトリが提示する照会をTDGSSが追跡するかどうかを決定します。TDGSSがディレクトリに送信したユーザーDNが不明瞭である場合、つまりDNが複数のディレクトリ名前付けコンテキストに適合する場合、ディレクトリは照会を行ないます。LdapClientReferralsの値がonに設定されていると、TDGSSはTDGSSが受信する個々の命名コンテキスト(照会)をディレクトリ内で検索します。

LdapClientReferralsプロパティは、ディレクトリ内のユーザーを検索するすべてのメカニズムに適用されます。

このプロパティは、Teradataサポート センターからの指示がない限り変更しないでください。

照会の追跡の詳細については、ディレクトリ検索の最適化を参照してください。

有効な設定値

設定 説明
off(デフォルト) TDGSSは照会を追跡しません
on TDGSSは照会を追跡します

編集ガイドライン

  • 値を設定するには、その値を必要としているメカニズムにあるTdgssUserConfigFile.xmlにこのプロパティを手動で追加する必要があります。構成ファイルの編集についてを参照してください。
  • このプロパティは、データベース ノードおよびUnityサーバー(使用する場合)上で編集します。 Unityのメカニズム プロパティ値の統合も参照してください。
  • 推奨される設定はoffです。
  • Referral Chasingを使用する場合は、照会を処理する方法および必要に応じて照会を構成する方法をディレクトリに指示するLdapClientDerefプロパティの機能を確認する必要があります。