16.20 - セキュリティ制約列があるテーブルの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

CREATE TABLE文を使用して、SETとMULTISETの両方の基本テーブルにセキュリティ制約列を定義することができます。 例は以下のとおりです。

CREATE [SET|MULTISET] TABLE  table_name 
    (col1 integer, col2 integer, col3 varchar(30),
    Security_Classification CONSTRAINT, Job_Category CONSTRAINT)
    primary index(col1);

この場合、Security_Classification(階層レベルの制約)およびJob_Category(非階層型カテゴリの制約)は、既存のセキュリティCONSTRAINTオブジェクト名に一致するセキュリティ制約列です。

テーブルを両方のタイプの制約で定義する必要はありません。

制約列は、対応するCONSTRAINTオブジェクトからデータ型とNULLまたはNOT NULLの指定を継承します。

セキュリティ制約列についてCOMPRESS句を指定することはできません。