17.10 - OverrideARCBLC - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
アーカイブから復元されたデータベース テーブルがブロックレベル圧縮されているかどうかを、アーカイブ時の各テーブルの有効なBLOCKCOMPRESSION設定、またはテーブルの復元時のシステムレベルBLCデフォルトに基づいて決定します。
このフィールドは、BLOCKCOMPRESSIONの有効な値であるALWAYSまたはNEVERを持つテーブルには影響しません。

フィールド グループ

圧縮

有効な設定値

設定 説明
TRUE ブロックレベル圧縮のシステム デフォルト設定は、リストアされたテーブルがブロックレベルで圧縮されているかどうかを判断します。
FALSE アーカイブ時点での有効なテーブルのBLOCKCOMPRESSION値は、リストアされたテーブルがブロックレベルで圧縮されているかどうかを判断します。

デフォルト

FALSE

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

このフィールドは、BLOCKCOMPRESSIONの有効な値であるALWAYSまたはNEVERを持つテーブルには影響しません。これには、BLOCKCOMPRESSIONオプションが含まれるように作成または変更されたテーブルが含まれます。
  • ALWAYSまたはNEVERに設定されている
  • DEFAULTに設定され、DefaultTableMode DBS制御フィールドはALWAYSまたはNEVERに設定されている
  • 指定なしで、DefaultTableMode DBS制御フィールドはALWAYSまたはNEVERに設定されている

データの復元先ターゲット システム上で、有効なBLOCKCOMPRESSIONがALWAYSまたはNEVERに設定されているサブテーブルには、このフィールドは影響しません。

永久テーブルとグローバル一時テーブルの場合、さまざまなサブテーブルに基本データ、フォールバック データ、LOBデータが格納されています。これらのデータのカテゴリのBLCは、DBS制御圧縮フィールド14~21(Compress~DBsフィールド)を使って個別に制御できます。対応する基本テーブルのBLOCKCOMPRESSION設定が明示的にMANUALに設定されているか、またはDefaultTableMode DBS ControlフィールドがMANUALに設定されている場合にDEFAULTに設定された(または未設定)場合にだけ、これらのサブテーブルの設定は有効になります。

BLOCKCOMPRESSIONクエリー バンドによって制御されるブロック圧縮は、OverrideARCBLCフィールドの設定よりも優先されます。

BLCは、Teradataファイル システムのデータ ブロック(DB)レベルでのデータ圧縮を可能にします。圧縮により所定のデータ量に必要なストレージの量が低減されます。DBS制御のBlockLevelCompressionフィールドで、BLCを有効または無効にできます。

関連情報

詳細情報 参照先
ブロック レベルの圧縮 Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094
異なる種類のサブテーブル データの有効なBLOCKCOMPRESSION値を決定するDBS制御フィールド
BlockLevelCompressionフィールド BlockLevelCompression
BLOCKCOMPRESSIONテーブル オプションとBLOCKCOMPRESSIONクエリー バンド Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144