17.10 - 構文規則 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
tdlocaledef {
  [ -input filename ] [ -output { filename | new } ] |
  
  -reverse { current | filename } [ -source filename ]
}

構文要素

-input filename
SDF設定を含むテキスト ファイルを指定します。

filenameにSDFファイルの完全パスが含まれない場合、tdlocaledefは、指定のファイルがカレント ディレクトリに存在するとみなします。

-inputオプションが指定されなければ、tdlocaledefは、以下のプラットフォーム固有の位置に存在するtdlocaledef.txt SDFファイルを/etc/opt/teradata/tdconfig内で探します。

デフォルトでは、これらの場所にtdlocaledef.txtファイルはありません。Teradataは、/usr/tdbms/etc内にサンプル ファイルを用意しています。

サンプルのtdlocaledef.txtファイルを直接変更せず、別の位置にこのファイルをコピーし、そのコピーを変更することを推奨します。

Vantage出力書式化設定のカスタマイズについては、SDFファイルを参照してください。

-output filename
-output new
tdlocaledefによって作成されるSDF書式設定の、コンパイル済みバイナリ バージョンに対する処理を指定します。
  • filenameは、コンパイル済み設定がローカル ファイルにのみ格納されるよう指定します。このファイルは、SDFテキスト ファイルで使用される構文が正しいかを確認するために、-reverseオプションとともに使用するのに適したものです。パスが指定されなければ、 バイナリ ファイルはカレント ディレクトリに置かれます。
  • newは、次回のデータベース再始動時に設定が有効となるよう指定します。設定はGDOにコンパイルされ、システムのすべてのノードで使用されます。SDFテキスト ファイルのコピーは、/etc/opt/teradata/tdconfigのすべてのノードに格納されます。
-outputオプションが指定されなければ、tdlocaledefは、/etc/opt/teradata/tdconfigtdlocaledef.locという名前のローカル バイナリ ファイルを作成します。
-reverse current
-reverse filename
現在有効な、あるいはローカル バイナリ ファイルに格納されたコンパイル済み出力書式設定が、表示、あるいは編集に適したテキスト ファイルに書き込まれるよう指定します。
このオプションは主に、Vantageが日付、時刻、数字、通貨に使用する出力書式設定をカスタマイズ、変更するのに使用できる、現在の出力書式設定の編集可能なテキスト ファイルの作成に使用されます。
-reverseは、編集済みSDFテキスト ファイルの構文が正しいことを確認するのにも使用できます。
  • currentは、現在有効な出力書式設定がテキスト ファイルに書き込まれるよう指定します。
  • filenameは、ローカルのコンパイル済みバイナリ ファイルのSDF設定がテキスト ファイルに変換されるよう指定します。このオプションは、すでにコンパイル済みのSDFテキスト ファイルで正しい構文が使われていることを確認するのに使用します。元のテキスト ファイルが、-reverse filenameオプションを使って生成されたファイルと一致しない場合は、元のSDFファイルに構文エラーがあります。
-source filename
指定の-reverseオプションに基づいてtdlocaledefが作成するSDFテキスト ファイルを指定します。-sourceが指定されなければ、tdlocaledefは、/etc/opt/teradata/tdconfigtdlocaledef.txtという名前のSDFファイルを作成します。