17.10 - Export Width Table ID - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

異なる文字列形式にエクスポートする際の文字列のバイト数の変換に関するシステム デフォルト テーブルを選択します。

フィールド グループ

一般

有効な設定値

設定 説明
0 - Expected Default 使用されている文字列データ型がクライアント側のデータ形式に対して適切なデフォルト範囲を指定します。
1 - Compatibility defaults Unicode列は、Latin列またはKanji1列を使用するように作成されたアプリケーションと互換性が取れるように機能します。
2 - Maximum defaults 使用している文字データ型およびクライアント側のデータ形式の最大デフォルト範囲を指定します。

デフォルト

0 (期待デフォルト)

変更の反映

次回にデータベースを再始動した後。

使用上の注意

CREATE USERおよびMODIFY USERの SQL文でEXPORTWIDTHオプションを使用することで、システムレベルのエクスポート範囲がユーザー レベルで上書きできます。詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

エクスポート範囲: Expected Default (標準デフォルト)

以下のテーブルは、Expected Defaultエクスポート範囲テーブル(Export Width Table ID = 0)になります。さまざまなサーバー文字セットからさまざまなクライアント文字セットにエクスポートされるバイト数を示しています。

クライアント文字セット サーバー文字セット CHARACTER(n)列にエクスポートされるバイト数
1バイト文字セット
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHICはサポートされていません。
KANJIEUC_0U

KANJISJIS_0S

KANJI932_1S0

  • LATIN
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
  • UNICODE
  • GRAPHIC
2n
  • UNICODE
  • GRAPHIC
n
KANJIEBCDIC5026_0I

KANJIEBCDIC5035_0I

KATAKANAEBCDIC

  • LATIN
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
UNICODE 2n+2
GRAPHIC
  • 2n (レコード モードと標識モード)
  • 2n+2 (フィールド モード)
UTF-8 LATIN 2n
UNICODE 3n
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHICはサポートされていません。
UTF-16
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
  • GRAPHIC
2n
  • HANGUL949_7R0
  • HANGULKSC5601_2R4
  • SCHGB2312_1T0
  • SCHINESE936_6R0
  • SDHANGULKSC5601_4R4
  • SDTCHBIG5_3R0
  • SDSCHGB2312_2T0
  • TCHBIG5_1R0
  • TCHINESE950_8R0
  • 次のいずれかのエンコーディング形式を使用する、サイト定義拡張マルチバイト クライアント文字セット
    • 0x00-0x81の範囲の1バイト文字
    • 最初のバイトの範囲が0x82-0xFFの2バイト文字
  • LATIN
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
  • UNICODE
  • GRAPHIC
2n
  • HANGULEBCDIC933_1II
  • SCHEBCDIC935_21J
  • SDHANGULEBCDIC933_5II
  • SDSCHEBCDIC935_6IJ
  • SDTCHEBCDIC937_7IB
  • TCHEBCDIC937_3IB
  • LATIN
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
UNICODE 2n+2
GRAPHIC
  • 2n (レコード モードと標識モード)
  • 2n+2 (フィールド モード)

エクスポート範囲: Compatibility Default (旧リリースとの互換性のあるデフォルト)

以下のテーブルは、Compatibility Defaultエクスポート範囲テーブル(Export Width Table ID = 1)に関して、さまざまなサーバー文字セットからさまざまなクライアント文字セットにエクスポートされるバイト数を示しています。

クライアント文字セット サーバー文字セット CHARACTER(n)列にエクスポートされるバイト数
1バイト文字セット
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHICはサポートされていません。
  • KANJIEUC_0U
  • KANJISJIS_0S
  • KANJI932_1S0
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHIC 2n
KANJIEBCDIC5026_0I

KANJIEBCDIC5035_0I

KATAKANAEBCDIC

  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHIC
  • 2n (レコード モードと標識モード)
  • 2n+2 (フィールド モード)
UTF-8 LATIN 2n
  • UNICODE
3n
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHICはサポートされていません。
UTF-16
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
  • GRAPHIC
2n
  • HANGUL949_7R0
  • HANGULKSC5601_2R4
  • SCHGB2312_1T0
  • SCHINESE936_6R0
  • SDHANGULKSC5601_4R4
  • SDTCHBIG5_3R0
  • SDSCHGB2312_2T0
  • TCHBIG5_1R0
  • TCHINESE950_8R0
  • 次のいずれかのエンコーディング形式を使用する、サイト定義拡張マルチバイト クライアント文字セット
    • 0x00-0x81の範囲の1バイト文字
    • 最初のバイトの範囲が0x82-0xFFの2バイト文字
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
 
  • GRAPHIC
2n
  • HANGULEBCDIC933_1II
  • SCHEBCDIC935_21J
  • SDHANGULEBCDIC933_5II
  • SDSCHEBCDIC935_6IJ
  • SDTCHEBCDIC937_7IB
  • TCHEBCDIC937_3IB
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHIC
  • 2n (レコード モードと標識モード)
  • 2n+2 (フィールド モード)

エクスポート範囲: Maximum Default (最大デフォルト)

以下のテーブルは、Maximum Defaultエクスポート範囲テーブル(Export Width Table ID = 2)に関して、さまざまなサーバー文字セットからさまざまなクライアント文字セットにエクスポートされるバイト数を示しています。

クライアント文字セット サーバー文字セット CHARACTER(n)列にエクスポートされるバイト数
1バイト文字セット
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
GRAPHICはサポートされていません。
KANJIEUC_0U
  • LATIN
  • UNICODE
  • GRAPHIC
3n
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
KANJIEBCDIC5026_0I

KANJIEBCDIC5035_0I

KATAKANAEBCDIC

  • LATIN
  • KANJI1
n
UNICODE 3n+1
KANJISJIS 2n
GRAPHIC
  • 2n (レコード モードと標識モード)
  • 2n+2 (フィールド モード)
KANJISJIS_0S

KANJI932_1S0

  • LATIN
  • UNICODE
  • GRAPHIC
2n
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
UTF-8
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
3n
KANJI1 n
GRAPHICはサポートされていません。
UTF-16
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • KANJI1
  • GRAPHIC
2n
  • HANGUL949_7R0
  • HANGULKSC5601_2R4
  • SCHGB2312_1T0
  • SCHINESE936_6R0
  • SDHANGULKSC5601_4R4
  • SDTCHBIG5_3R0
  • SDSCHGB2312_2T0
  • TCHBIG5_1R0
  • TCHINESE950_8R0
  • 次のいずれかのエンコーディング形式を使用する、サイト定義拡張マルチバイト クライアント文字セット
    • 0x00-0x81の範囲の1バイト文字
    • 最初のバイトの範囲が0x82-0xFFの2バイト文字
  • LATIN
  • UNICODE
  • GRAPHIC
2n
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
  • HANGULEBCDIC933_1II
  • SCHEBCDIC935_21J
  • SDHANGULEBCDIC933_5II
  • SDSCHEBCDIC935_6IJ
  • SDTCHEBCDIC937_7IB
  • TCHEBCDIC937_3IB
  • KANJISJIS
  • KANJI1
n
UNICODE 3n+1
LATIN 2n
GRAPHIC
  • 2n (レコード モードと標識モード)
  • 2n+2 (フィールド モード)