17.10 - JavaEnvFile - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Java Virtual Machine (JVM)を起動するための環境ファイルを指定する。

通常このフィールドは、Teradataサポート センター担当者が変更します。

デフォルト

このフィールドに初期値はありません。

使用上の注意

環境ファイルでは、各行でJavaVMInitArgsオプション、またはUDFサーバー プロセス用の環境変数を指定します。これによりデータベース管理者は、Java外部ストアド プロシージャ ルーチンのために、JVMを必要に応じて構成できます。

ファイルでは、JavaVMInitArgsの行を環境変数の行より前に置く必要があります。

同じパスとファイル名を持つ環境ファイルがシステムのすべてのノード上に存在している必要があります。

例: Java環境設定ファイル

環境ファイルは、以下と類似の内容となります。

[REG]-Xms50m
[REG]-Xmx100m
[HYB]-Xms200m
[HYB]-Xmx500m

[Environment Variables]
UDF_DEBUG_WAIT=1