17.10 - CNSのアクセス権の付与 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBWをいずれかのノード上で実行するには、ユーザーがLinux tdtrustedユーザー グループのメンバーか、あるいはrootでログインする必要があります。GRANTコマンドを使用して、非tdtrustedユーザーにCNSアクセスを許可できます。非tdtrustedユーザーは、制御ノードへのアクセス権が付与されている必要があります。これにより、どのノードからもDBWが実行できます。

DBWで非tdtrustedユーザーにアクセス権を付与するには、次のように入力します。

grant xxx @localhost all

xxxはユーザーIDです。

アクセス権の付与や取り消しは、すべてのTPAノードが作動されている状態で行なうようにしてください。

関連情報

CNSのアクセス権を管理する3つのコマンドについては、以下を参照してください。
CNSで接続が受け入れられた場合に常に使用できるDBWコマンドについては、以下を参照してください。