17.10 - 例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: Cufconfigヘルプの表示

cufconfigのヘルプを表示するには、次のように入力します。

cufconfig -h

次のように表示されます。

valid options:
-o
   outputs the gdo to the screen.
-i
   initializes the gdo to the defaults.
-f filename
   modifies the gdo fields identified
   in filename. Fields not specified in filename
   will not be set or reset by this tool.

Note that if several options are specified
they are analyzed in the following order:
-i -f -o

If only a few fields need to be set differently than
the defaults, specify the -i option with the -f option.
Use the -o option to verify the settings.

Exiting cufconfig...

例: UDF GDOの内容の表示

UDF GDOの内容を表示するには、次のように入力します。

cufconfig -o
Version: 7
ModTime: 1308613095
SWDistNodeID: 33
SourceDirectoryPath: /etc/opt/teradata/tdconfig/Teradata/tdbs_udf/usr/
CompilerTempDirectory: /var/opt/teradata/tdtemp/UDFTemp/
UDFLibraryPath: /etc/opt/teradata/tdconfig/udflib/
CompilerPath: /usr/bin/gcc
LinkerPath: /usr/bin/ld
UDFServerMemPath: /var/opt/teradata/tdtemp/udfsrv/
MaximumCompilations: 10
UDFServerTasks: 2
SecureServerAMPs: 20
ParallelUserServerAMPs: 2
SecureServerPEs: 20
ParallelUserServerPEs: 2
TDSPLibBase: /etc/opt/teradata/tdconfig/tdsplib/
UDFLibPath:
UDFIncPath:
UDFEnvFile:
CLILibPath: /opt/teradata/client/14.00/lib64
CLIIncPath: /opt/teradata/client/14.00/include
CLIEnvFile:
JavaLibraryPath: /etc/opt/teradata/tdconfig/jarlib/
JREPath: /opt/teradata/jvm64/jre8/jre/
JavaLogPath: /tmp/
JavaEnvFile:
JavaServerTasks: 2
JavaHybridThreads: 20
JavaVersion: 0x10004
JavaBaseDebugPort: 0
JSVServerMemPath: /var/opt/teradata/tdtemp/jsvsrv/
MallocLimit: 33554432
GLOPLockTimeout: 130
GLOPLockWait: 120
MaximumGLOPSize: 256
MaximumGLOPMem: 2560
MaximumGLOPPages: 8
GLOPMapMemPath: /var/opt/teradata/tdtemp/udfglopdata/
CServerMemSize: 262144
JavaHybridServerMemSize: 262144
HybridServer1Execution: /usr/tdbms/bin/udfsas
HybridServer1Library: /usr/tdbms/lib/libudf3.so
HybridServer1LibPath:
HybridServer1IncPath:
HybridServer1EnvFile:
HybridServer1MemSize: 262144
HybridServer1Threads: 20
HybridServer1Language (display only): SAS
HybridServer1AppCat (display only): 6
HybridServer2Execution:
HybridServer2Library:
HybridServer2LibPath:
HybridServer2IncPath:
HybridServer2EnvFile:
HybridServer2MemSize: 262144
HybridServer2Threads: 0
HybridServer2Language (display only):
HybridServer2AppCat (display only): 7
HybridServer3Execution: /usr/tdbms/bin/udfsectsk
HybridServer3Library:
HybridServer3LibPath:
HybridServer3IncPath:
HybridServer3EnvFile:
HybridServer3MemSize: 262144
HybridServer3Threads: 20
HybridServer3Language (display only): EAH
HybridServer3AppCat (display only): 8
HybridServer3FreeSpace: 0
HybridServer3MemFileSize: 0
HybridServer3JREPath: /opt/teradata/jvm64/jre8/jre/
HybridServer3JVMOptions:
HybridServer4Execution:
HybridServer4Library:
HybridServer4LibPath:
HybridServer4IncPath:
HybridServer4EnvFile:
HybridServer4MemSize: 262144
HybridServer4Threads: 0
HybridServer4Language (display only):
HybridServer4AppCat (display only): 9
HybridServer5Execution:
HybridServer5Library:
HybridServer5LibPath:
HybridServer5IncPath:
HybridServer5EnvFile:
HybridServer5MemSize: 262144
HybridServer5Threads: 0
HybridServer5Language (display only):
HybridServer5AppCat (display only): 10
HybridServer6Execution:
HybridServer6Library:
HybridServer6LibPath:
HybridServer6IncPath:
HybridServer6EnvFile:
HybridServer6MemSize: 262144
HybridServer6Threads: 0
HybridServer6Language (display only):
HybridServer6AppCat (display only): 11
HybridServer7Execution:
HybridServer7Library:
HybridServer7LibPath:
HybridServer7IncPath:
HybridServer7EnvFile:
HybridServer7MemSize: 262144
HybridServer7Threads: 0
HybridServer7Language (display only):
HybridServer7AppCat (display only): 12
HybridServer8Execution:
HybridServer8Library:
HybridServer8LibPath:
HybridServer8IncPath:
HybridServer8EnvFile:
HybridServer8MemSize: 262144
HybridServer8Threads: 0
HybridServer8Language (display only):
HybridServer8AppCat (display only): 13
HybridServer9Execution:
HybridServer9Library:
HybridServer9LibPath:
HybridServer9IncPath:
HybridServer9EnvFile:
HybridServer9MemSize: 262144
HybridServer9Threads: 0
HybridServer9Language (display only):
HybridServer9AppCat (display only): 14
CStdUDFServerTimeout: 2
JStdUDFServerTimeout: 5
JHybUDFServerTimeout: 10
USRLibraryPath: /usr/tdbms/lib
GPLUDFServerMemSize: 33554432
ScriptMemLimit: 33554432
JVMOptions:

例: UDF GDOのフィールドの変更

開始する前に、使用するコンピュータで保護(セキュア)モードのサーバー プロセスを実行するための空きディスク領域が、少なくとも256 KBあることを確認してください。サーバー プロセスごとに256 KBの領域を必要とします。

UDF GDOのフィールドを変更するためには、次の手順を実行します。

  1. 新しいテキスト ファイルを開くか、または既存のUDF構成ファイルを開きます。
  2. テキスト エディターで、変更するフィールドおよびフィールド値を入力します。例えば、次のようになります。
    UDFServerTasks:10
    ParallelUserServerAMPs:4
    ParallelUserServerPEs:4
    UDFEnvFile: /home/sally/config/udf/UDFEnvFile.txt
    CLILibPath: /opt/teradata/client/14.00/lib64
    CLIIncPath: /opt/teradata/client/14.00/include
    CLIEnvFile: /home/sally/config/CLI/CLIEnvFile.txt
    JavaBaseDebugPort: 8000
    JavaLogPath: /tmp/
    JavaEnvFile: /home/sally/config/jvm/jvmenv.txt
    JavaServerTasks: 10
    フィールド名では大文字と小文字が区別されるので、-oオプションによる出力と同じ形式にする必要があります。UDF構成ファイルには、上の例に示すように、各フィールドを別個の行に記述する形式で、変更するフィールドのみを含める必要があります。
  3. UDF構成ファイルをテキスト ファイルとして保存します。例えば、次のようにファイルを保存します。
  4. -fオプションを使用して、UDF GDOをUDF構成ファイルで指定したフィールド値に変更し、-oオプションを使用して、UDF GDOの更新された内容を表示します。

    例: UDF GDOの内容の表示に示したUDF GDOの内容を使用して、この例によるフィールドの変更を適用した場合、UDF GDOの新しい出力は以下の例のようになります。

    Version: 6
    ModTime: 1206484172
    SWDistNodeID: 33
    SourceDirectoryPath: /etc/opt/teradata/tdconfig/Teradata/tdbs_udf/usr/
    CompilerTempDirectory: /var/opt/teradata/tdtemp/UDFTemp/
    UDFLibraryPath: /etc/opt/teradata/tdconfig/udflib/
    CompilerPath: /usr/bin/gcc
    LinkerPath: /usr/bin/ld
    UDFServerMemPath: /var/opt/teradata/tdtemp/udfsrv/
    MaximumCompilations: 10
    UDFServerTasks: 10
    SecureServerAMPs: 20
    ParallelUserServerAMPs: 4
    SecureServerPEs: 20
    ParallelUserServerPEs: 4
    TDSPLibBase: /etc/opt/teradata/tdconfig/tdsplib/
    UDFLibPath:
    UDFIncPath:
    UDFEnvFile: /home/sally/config/udf/UDFEnvFile.txt
    CLILibPath: /opt/teradata/client/14.00/lib64
    CLIIncPath: /opt/teradata/client/14.00/include
    CLIEnvFile: /home/sally/config/CLI/CLIEnvFile.txt
    JavaLibraryPath: /etc/opt/teradata/tdconfig/jarlib/
    JREPath: /opt/teradata/jvm64/jre8/jre/
    JavaLogPath: /tmp/
    JavaEnvFile: /home/sally/config/jvm/jvmenv.txt
    JavaServerTasks: 10
    JavaHybridThreads: 20
    JavaVersion: 0x10004
    JavaBaseDebugPort: 8000
    JSVServerMemPath: /var/opt/teradata/tdtemp/jsvsrv/
    MallocLimit: 33554432
    GLOPLockTimeout: 130
    GLOPLockWait: 120
    MaximumGLOPSize: 256
    MaximumGLOPMem: 2560
    MaximumGLOPPages: 8
    GLOPMapMemPath: /var/opt/teradata/tdtemp/udfglopdata/

    ... など。

例: JavaEnvFile環境ファイルの使用

この例では、JavaEnvFile環境ファイルの使用例を示しています。デフォルトでは、DBS Java外部ストアド プロシージャは、DBSセッションに接続する際に、TDBMS\binディレクトリにあるtdgssconfig.jarファイルを使用します。DBSがtdgssconfig.jarファイルのデフォルト以外の値を使用するようにするには、このファイルをコピーして変更し、各ノードのtdconfigディレクトリに配置します。さらに、JavaEnvFileを作成して、tdgssconfig.jarファイルのコピーを使用するようにJVMを構成します。

tdgssconfig.jarファイルを変更する場合は、そのコピーを作成します。tdgssconfig.jarファイルは、DBSパッケージを再インストールする際に上書きされる可能性があります。
-Djava.class.path=/usr/tdbms/bin/javFnc.jar;/usr/tdbms/bin/terajdbc4.jar;/usr/tdbms/bin/tdgssjava.jar;/etc/opt/teradata/tdconfig/tdgssconfig.jar;

これにより、JVMは標準のjavFnc.jarterajdbc4.jar、およびtdgssjava.jarファイルを使用するように構成されますが、tdgssconfig.jarファイルを代替で使用するようにも構成されます。

Teradata JDBCドライバの詳細については、<Teradata JDBC Driverの参考文献(https://teradata-docs.s3.amazonaws.com/doc/connectivity/jdbc/reference/current/frameset.htmlから入手可能)>を参照してください。

javFnc.jarファイルの詳細については、<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。