17.10 - BLOCKERS - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

BLOCKERSコマンドは、現在ブロックされているトランザクションと、ロック リクエストが付与された対応するブロック トランザクションを表示します。

構文

{ BLOCKERS | B } TRAN
  [ ProcId Uniq1 Uniq2 | ALL ]
  [ LIMIT [ NUMBER | NONE ] ]

構文要素

ProcId
トランザクションを処理するパーシング エンジン プロセッサの仮想プロセッサ番号。
仮想プロセッサ番号は整数値として指定されているので、このオプションの対応値は10進表記で指定するのが普通です。
この番号は、トランザクションIDの最初の構成要素です。
Uniq1
通常は4桁の16進数として指定する値。
この値は、トランザクションIDの2番目のコンポーネントです。
Uniq2
通常は4桁の16進数として指定する値。
この値は、トランザクションIDの3番目のコンポーネントです。
ALL
ブロックされているすべてのトランザクションと、それぞれをブロックしているトランザクションが対象になります。
トランザクションIDを指定しない場合は、ALLがデフォルトになります。
LIMIT
ブロックされている1つのトランザクションごとに対象に含める、ブロックしているトランザクションの数。
NUMBER
目的の制限値。
NONE
ブロックされている1つのトランザクションにつき、ブロックしているすべてのトランザクションが対象になります。
ここでNONEを指定すると、Numberにゼロを指定した場合と同じ結果になります。

使用上の注意

トランザクションというのは、データベース内部の概念です。1つのトランザクションに対して、ブロックするトランザクションが複数存在する場合もあります。例えば、1つのトランザクションに対して5つのロック リクエストが送られる場合もあれば、その5つのロック リクエストを5つのトランザクションがブロックすることもあります。つまり、5つのテーブルがあるとすれば、その5つのテーブルに対するロックを他の5つのトランザクションが設定している場合もあり得る、ということです。

次のテーブルは、BLOCKERSコマンド出力の構成要素を示したものです。

構成要素 含まれる内容
Number of Blocked Trans displayed ブロックされているトランザクションと、ブロックしているトランザクションの両方の合計数。
Blocked Trans ブロックされているトランザクションの数と以下の情報。
  • Number of blockers displays

    ブロックしているトランザクションの項目数を指定します。

  • Number of blockers exists

    ブロックしているトランザクションの実際の数を指定します。

Blocker Trans ブロックしているトランザクションの数と以下の情報。
  • Lock modeは、ロック モードのタイプを指定します。
    • Access
    • Read
    • Write
    • Exclusive
  • Lock statusは、ロック リクエストのステータスのタイプを指定します。
    • 付与
    • 待機中
  • Lock objectTypeは、ロックされているオブジェクトのタイプを指定します。
    • Database
    • Table
    • Rowrange
    • Row
  • Lock PLLkindは、行パーティション テーブルに適用されるパーティションレベル ロックのタイプを指定します。
    • RowHash + All Partitions
    • RowKey
    • IPN Partition Range(IPNは内部パーティション番号)
    • RowKey Range
    • RowHash + IPN Part’n Range
  • Lock objectIDはロックされているオブジェクトのIDを指定します。
    • Database ID
    • Database Name
    • Table ID
    • Table Name
    • Partition1
    • RowHash1
    • Partition2
    • RowHash2

以下の例では、RPT1は行パーティション テーブル、NOTRPT2は非パーティション テーブルです。

例: BLOCKERSコマンド

-> Please enter your selection from the list:
 blockers
- The following amps are available:

    0     1     2     3

-> Which amp(s) do you want to request on (S=Sampling/A=all/C=cancel/Q=quit):
 1

---------------- AMP 1 REPORTS 2 LOCK ENTRIES -------------
Number of Blocked Trans displayed :      2
=========================================
Blocked Trans : 30719 00015E1C
   Number of blockers displays :       1
   Number of blockers exists   :       1
   Blocker Trans : 30719 00015DCA
           lock mode       : Write
           lock status     : Granted
           lock objectType : Row
           lock objectID   : DBID      : 00000402
                           : DBNAME    : EXAMPLE
                           : TableID   : 00000AA0,0400
                           : TableName : NOTRPT2
                           : RowHash1  : 79B69E37
                           : RowHash2  : 00000000
Blocked Trans : 30719 00015E1B
   Number of blockers displays :       1
   Number of blockers exists   :       1
   Blocker Trans : 30719 00015DCA
           lock mode       : Write
           lock status     : Granted
           lock objectType : RowRange
           lock PLLKind    : RowKey
           lock objectID   : DBID      : 00000402
                           : DBNAME    : EXAMPLE
                           : TableID   : 00000A9D,0400
                           : TableName : RPT1
                           : Partition1:                0003
                           : RowHash1  :            79B69E37
                           : Partition2:                0003
                           : RowHash2  :            79B69E37
-> Please enter your selection from the list:
 blockers tran 30719. 0001 5e1c
- The following amps are available:

    0     1     2     3

-> Which amp(s) do you want to request on (S=Sampling/A=all/C=cancel/Q=quit):
 1

---------------- AMP 1 REPORTS 1 LOCK ENTRIES -------------
Number of Blocked Trans displayed :      1
=========================================
Blocked Trans : 30719 00015E1C
   Number of blockers displays :       1
   Number of blockers exists   :       1
   Blocker Trans : 30719 00015DCA
           lock mode       : Write
           lock status     : Granted
           lock objectType : Row
           lock objectID   : DBID      : 00000402
                           : DBNAME    : EXAMPLE
                           : TableID   : 00000AA0,0400
                           : TableName : NOTRPT2
                           : RowHash1  : 79B69E37
                           : RowHash2  : 00000000
-> Please enter your selection from the list:
 blockers tran 30719. 0001 5e1b
- The following amps are available:

    0     1     2     3

-> Which amp(s) do you want to request on (S=Sampling/A=all/C=cancel/Q=quit):
 1

---------------- AMP 1 REPORTS 1 LOCK ENTRIES -------------
Number of Blocked Trans displayed :      1
=========================================
Blocked Trans : 30719 00015E1B
   Number of blockers displays :       1
   Number of blockers exists   :       1
   Blocker Trans : 30719 00015DCA
           lock mode       : Write
           lock status     : Granted
           lock objectType : RowRange
           lock PLLKind    : RowKey
           lock objectID   : DBID      : 00000402
                           : DBNAME    : EXAMPLE
                           : TableID   : 00000A9D,0400
                           : TableName : RPT1
                           : Partition1:                0003
                           : RowHash1  :            79B69E37
                           : Partition2:                0003
                           : RowHash2  :            79B69E37