17.10 - System TimeZone Minute - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

システム タイムゾーンのUTCからの時差の分の部分を定義します。

フィールド グループ

一般

有効な範囲

-59~59

デフォルト

0

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。既存のセッションには影響しません。

使用上の注意

組み込み関数CURRENT_TIMEまたはCURRENT_TIMESTAMPがストアド プロシージャで使用されている場合、これらのプロシージャはSystem TimeZone HourまたはSystem TimeZone Minuteが変更される度に再コンパイルする必要があります。ストアド プロシージャの再コンパイルは、tdlocaledefユーティリティでタイムゾーン文字列が設定されている場合は不要です。

関連情報

詳細情報 参照先
時刻と日付の組み込み関数 Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部、B035-1145
システム時刻タイムゾーンの時差の時間の部分の設定 System TimeZone Hour
セッション タイムゾーンの設定 <Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>のSET TIME ZONE、CREATE USER、およびMODIFY USERに関する情報。
Tdlocaledefユーティリティ Teradata Locale Definitionユーティリティ(tdlocaledef)