17.10 - LOAD - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

LOADコマンドは、アンロード操作で作成されたファイルからデータベース上のテーブルに、ダンプ データを移動します。

構文

LOAD [ database. ] table [ FALLBACK ] FILE = filepath ;

構文要素

database
テーブルが入っているデータベースの名前。データベース名とテーブル名を分けるためにピリオド(.)テーブル名からデータベース名を区切ります。
table
ダンプ データを受け取るテーブルの名前。
テーブルがすでに存在していてはなりません。ただし、テーブルを入れるデータベースはすでに存在していなければなりません。
FALLBACK
_L、_C、および_Mで終わる、同じ名前のテーブルのほかに、LOADコマンドの中で指定されたテーブルのフォールバック コピーを作成するオプション。
filepath
以前のアンロード操作で作成されたファイルのパス。
filepathの指定は必須です。
filepathdirectory/filenameとして指定されます。
dulでは、ダンプ ファイルが圧縮されたgzip形式である必要がありますが、 互換性を保つために、ファイル名に.gz拡張子が含まれていなくても圧縮ファイルをロードできるようになっています。

使用上の注意

ロード操作を実行するためには、ログオンIDで指定するユーザー名が、DBCデータベースのテーブルに対するCREATE、DROP、およびSELECT権限を持っている必要があります。

適切な権限がない場合は、システムがエラー メッセージを返し、操作は取り消されます。

ロード操作を実行する前に、dulは設定された選択基準についてのサマリー情報(選択されたプロセッサ、エラーの日付)を表示します。ロード操作の後で、dulは指定されたプロセッサのイベント コードを表示します(存在する場合)。選択基準の設定については、SELECTを参照してください。

通常は、ロード操作を実行する前にDROPコマンドを実施します。こうすることによって、現在のLOADコマンドで指定する名前と同じ名前の既存のテーブルをすべて削除します。詳細は、DROPを参照してください。

dulは、転送速度を改善するためにFastLoadユーティリティを使用しています。しかし、BTEQを使用してホストのダンプ ファイルをデータベースへ転送することも可能です。

ほとんどの場合、使用中のシステムでロード操作を行なうことはありません。

権限の詳細については、<Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093>を参照するか、システム管理者にご連絡ください。

FastLoadユーティリティの詳細については、<Teradata® FastLoadリファレンス、B035-2411>を参照してください。

BTEQについての詳細は、<Basic Teradata®Queryリファレンス、B035-2414>を参照してください。

例: Crashdumpsデータベース内の重複するテーブル名のチェック

同じ名前を持つテーブルがCrashdumpsデータベースの中に存在するかどうかをチェックするには、次のように入力します。

HELP DATABASE crashdumps ;

次のような、Crashdumpsデータベース内のすべてのテーブルのリストが表示されます。

*** Sending HELP DATABASE crashdumps to Teradata Database.
*** Help information returned.  4 rows.
   CL100
   CL100_C
   CL100_L
   CL100_M

同じ名前のテーブルがなければ、続いてLOADコマンドを入力することができます。同じ名前を持つテーブルがすでに存在する場合には、それらのテーブルが必要ないことを確認してから、DROPコマンドを使用してCrashdumpsデータベースから削除します。

例: テーブルへのダンプ情報のロード

Vantage上のテーブルにダンプ情報を転送するには、以下を入力します。

load crashdumptable1 file=TPFILE;

次のように表示されます。

load CRASH_20170219_004121_02 file=sanity;

*** Creating table 'CRASH_20170219_004121_02'.
*** Table has been created.
*** Loading data into 'CRASH_20170219_004121_02'
*** Logging on Amp sessions.
*** Growing Buffer to 789
*** Growing Buffer to 977
*** Growing Buffer to 2198
*** Growing Buffer to 2427
*** Growing Buffer to 2481
*** Growing Buffer to 2662
*** Growing Buffer to 2758
*** Growing Buffer to 4118
*** Starting Row 10000 at Mon Feb 20 19:25:49 2017

*** Starting Row 20000 at Mon Feb 20 19:26:01 2017
.
.
.

*** Starting Row 70000 at Mon Feb 20 19:27:06 2017

*** END LOADING phase...Please stand by...
Loading data into CRASH_20170219_004121_02 completes successfully.

Dump Unload/Load - Enter your command: