16.20 - EXTERNAL - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

必須の外部メソッド本体の参照句を示します。

この句は次のいずれかを指定できます。

  • キーワードEXTERNALのみ。
  • キーワードEXTERNAL NAMEおよび外部メソッド名(任意指定のパラメータ形式の指定あり)。
NAME external_method_name
メソッド オブジェクトのエントリ ポイント。この名前はSYSUDTLIBデータベース内で固有である必要があります。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。
大文字小文字は区別され、CまたはC++メソッド名と一致していなければなりません。
NAME external_string_literal
メソッドの作成に必要なソース コンポーネントとオブジェクト コンポーネントを指定する文字列。
シーケンス内の最初のコードに応じて、この文字列では、メソッドのC/C++オブジェクト名、エンコード名、またはメソッドの作成に必要なコンポーネントのパスを指定します。
以下のリストに、外部メソッドのパス指定を簡単に示します。文字¡は、任意のユーザー定義の区切り記号を表わします。
文字列の指定の全体で、同じ区切り記号を使用しなければなりません。指定する最初の項目はファイル タイプで、2番目の項目はそのファイル タイプを指定するために使用する必要のある構文です。
name_on_server ¡include_name
インクルード
library_name
ライブラリ
name_on_server ¡object_name
オブジェクト
name_on_server ¡source_name
ソース
C
メソッドのソース コードまたはオブジェクト コードはクライアントに保存され、後続の文字列はそのコードのパスを示しています。
S
メソッドのソース コードまたはオブジェクト コードはサーバーに保存され、後続の文字列はそのコードのパスを示しています。