16.20 - 例: DISTINCT型UDTを使用したJava外部ストアド プロシージャの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
この文では、MONEYという名前の固有UDTが作成されます。
CREATE TYPE MONEY AS numeric(10,2) FINAL;
この文では、MONEY固有UDTを使用して入力パラメータA1と出力パラメータA2のデータ型としてJava外部ストアド プロシージャを作成します。
CREATE PROCEDURE MyMoney(IN A1 MONEY, OUT A2 MONEY)
     LANGUAGE JAVA
     	NO SQL
     PARAMETER STYLE JAVA 
     	EXTERNAL NAME 
     'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.mymoney';
public static void mymoney(java.lang.BigDecimal A1, 
                       java.lang.BigDecimal[] A2) throws SQLException