16.20 - WHERE search_condition - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定のSELECTリクエストによって返される行セットが満たすべき条件付きの検索式。

WHERE句内のsubquery述部にSAMPLE句を指定することはできません。

例: テーブルとの自己結合を定義するビューの作成

次のリクエストは、自分の上司よりその職種において経験のある従業員を人事担当重役が追跡するために使用するビューを作成します。このリクエストは、employeeテーブルの自己結合を定義しています。FROM句で作成される相関名workersmanagersは、自己結合に関係する2つの一時テーブルを参照します。

    CREATE VIEW emp_info (workername,workeryrsexp,department, 
                          managername,manageryrsexp) AS
     SELECT workers.name, workers.yrsexp, workers.deptno, 
            managers.name, managers.yrsexp
     FROM employee AS workers, employee AS managers 
     WHERE workers.deptno = managers.deptno 
     AND managers.jobtitle IN ('Manager', 'Vice Pres') 
     AND workers.yrsexp > managers.yrsexp;

例: ビュー定義からのSQL UDFの呼び出し

この例はv1というビューの定義の選択リストでSQL UDF value_expressionを呼び出します。

     CREATE VIEW v1 (a, b, c) 
       AS SELECT a1, test.value_expression(3,4), c1
          FROM t1 
          WHERE a1 > b1;

次の例は、v2というビューのWHERE句でSQL UDF value_expressionを呼び出します。

     CREATE VIEW v2 (a, b, c) 
       AS SELECT a1, b1, c1 
          FROM t1
          WHERE test.value_expression(b1, c1) > 10;