16.20 - STARTUP - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

セミコロン文字で区切った1つ以上のオプションのSQLリクエスト。このリクエストは、ユーザーのログオン時にセッション環境を確立するために実行されます。

string
文字列は最大255文字であり、セミコロンで終了していて、さらにAPOSTROPHE文字で囲む必要があります。デフォルトは、始動文字列がないことを意味するNULLです。
始動文字列はマクロを実行することができますが、USINGリクエスト修飾子を始動文字列の中で使用することはサポートされていません。文字列にDDL文が含まれている場合、その文字列に他の文を入れることはできません。
始動文字列にSET SESSION CALENDARリクエストを組み込んで、ユーザーのカレンダとしてデフォルトのTeradataカレンダ以外のカレンダを設定することもできます。 用意されているシステム定義カレンダとしては、ほかにもISOとCOMPATIBLEがあります。詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「SET SESSION CALENDAR」を参照してください。
始動文字列は、BTEQを介してTeradata Databaseにログオンしたときか、またはTeradata JDBCドライバを使用してJDBC接続を確立し、接続パラメータRUNSTARTUP=ONを指定したときに実行されます。始動文字列がサポートされているクライアント アプリケーションは、BTEQとJDBCだけです。
それ以外のすべてのTeradataクライアントAPIは、Teradata Databaseが文字列をこれらのAPIに返すとき、その文字列を無視します。