16.20 - SPECIFIC specific_function_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数の特定の名前。この句はオーバーロード関数の名前では必須ですが、その他の場合は任意指定であり、関数定義ごとに1回だけ指定できます。

データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。

名前にマルチバイト文字を含むオブジェクトがデータベースのUDFライブラリにある場合、新規オブジェクト名に1バイト文字のみが含まれる場合でも、シングルバイトのセッション文字セットを使用して、新たなUDF、UDT、メソッド、またはJavaストアド プロシージャのオブジェクトを作成することはできません。作成しようとすると、システムは要求元にエラーを返します。代わりにマルチバイトのセッション文字セットを使用します。
specific_function_name
specific_function_nameを使用してCまたはC++関数名を識別する場合は、C言語またはC++言語の識別子命名規則に従ってください。Java関数用のJava言語の命名規則についても同様です。
function_nameとは異なり、関数、メソッド、またはUDTの特定名は名前の重複を回避するためにそのデータベース内で固有でなければなりません。この名前はDBC.TVMに、UDFデータベース オブジェクトの名前として保存されます。
database_name
オプションのデータベース名。
user_name
オプションのユーザー名。