16.20 - 行圧縮 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

行全体で頻繁に反復される結合インデックス列値のセットは圧縮できます。これを行圧縮と呼びます。反復される値を持つ列をグループ化します。その後、頻繁に反復されない値を含む列をグループ化します。この非反復列セットを、固定列セットと呼びます。

結合インデックスに対する行圧縮を構成できます。結合インデックスの定義で、反復列セットを括弧で囲んでグループ化してから、固定列セットを括弧で囲んでグループ化します。これら2つのグループは、カンマ文字で区切ります。

例: プライマリ インデックスまたはセカンダリ インデックスとしてUDT列を持つ結合インデックスの作成にある結合インデックスt3_jindxは、行圧縮された結合インデックスの作成方法を示す簡単な例です。

結合インデックスの行圧縮の詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「結合インデックスの行圧縮」を参照してください。

パーティション結合インデックスに行圧縮を指定することはできません。