16.20 - 例: UDTと1次元ARRAY型 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例ではまず、employeeという名前のSTRUCTURED型UDTを作成してから、TeradataスタイルとOracleスタイルの両方の構文を使用してそのUDTに基づくARRAY型を作成します。

     CREATE TYPE employee AS (
       first_name  CHARACTER(10),
       last_name   CHARACTER(10),
       employee_id INTEGER)
       …;

最初の例では、Teradataスタイルの構文を使用して、employeeに基づくARRAY型structudt_aryを作成します。

     CREATE TYPE structudt_ary AS 
     employee ARRAY[20];

次の例では、Oracleスタイルの構文を使用して、同じARRAY型をVARRAY型として作成します。

     CREATE TYPE structudt_ary AS 
     VARRAY(20) OF employee;