16.20 - CREATE TYPE (ARRAY/VARRAY形式) - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

事前定義のTeradata Databaseデータ型、DISTINCT型UDTデータ型、STRUCTURED型UDTデータ型、内部UDTデータ型のいずれかからユーザー定義のARRAYデータ型またはVARRAYデータ型を作成します。

1次元ARRAY - Teradata形式

1次元ARRAY型でサポートされる下限値は1のみです。ユーザーが作成するすべての1次元ARRAY型の最初の配列要素のインデックス番号は1になります。

1次元VARRAY - Oracle互換形式

1次元VARRAY型でサポートされる下限値は1のみです。ユーザーが作成するすべての1次元VARRAY型の最初の配列要素のインデックス番号は1になります。

必要な権限

ARRAY UDTまたはVARRAY UDTを作成するには、SYSUDTLIBデータベースに対するUDTTYPE権限またはUDTMETHOD権限が必要です。

なし

構文 - 1次元ARRAY - Teradata形式



構文 - 1次元VARRAY - Oracle互換形式



構文 - 多次元ARRAY - Teradata形式



構文 - 多次元ARRAY - Oracle互換形式



構文 - ARRAYデータ型