16.20 - DROP TYPE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

指定したUDTの定義を削除します。

UDT定義を削除できるのは、UDTが次のようになった場合です。

  • システム内のデータベース オブジェクトによって直接的にも間接的にも参照できない。
  • システム内のデータベースのテーブルの列のデータ型として使用できない。
  • STRUCTURED型UDTの属性にできない。
  • システム内のデータベースのユーザー定義キャスト、メソッド、またはUDFによって参照できない。
  • 順序付けまたは変換定義を指定できない。
これらの前提条件は、1次元および多次元のARRAY型とVARRAY型にも適用されます。

UDT定義を削除すると、次も削除されます。

  • 指定したUDTに付随するすべてのメソッド。
  • 削除されたメソッドに付随するすべての外部ルーチンとライブラリ。

必要な権限

UDTを削除するには、SYSUDTLIBデータベースに対してUDTTYPE権限かUDTMETHOD権限のいずれかを持っていなければなりません。

構文