16.20 - COMPATIBILITYモード - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Latin文字データまたはKanji1文字データを処理するために作成されたアプリケーションが、Unicode列データを処理できるようにします。この場合、予期されるエクスポート幅の乗数は1であり、調整は0です。

Kanji1(n)列をUnicode(n)列に変更したとします。つまり、エクスポートされた文字列にnバイトを常に含めるとします。このため、COMPATIBILITYモードでは、メインフレーム システムにおいてシフトアウト/シフトインをサポートするためのバイトは追加されません。

Kanji1列はすでにシフトアウト/シフトイン文字を保管するように設計されており、対応する新規のUnicode定義によって、メインフレーム クライアントにエクスポートされたデータに、それらのシフトアウト/シフトイン文字を含める十分のスペースがあるようにします。