16.20 - CHECKSUM - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ハードウェア読み取りエラーを検出するためのテーブル固有のディスクI/O整合性チェックサム。チェックサム レベル設定は、テーブルの基本データ行、フォールバック データ行、およびすべてのセカンダリ インデックス行に対して適用されます。

システム定義の結合インデックスの場合、基本テーブルに対して指定する整合性チェック設定は、そのテーブルに定義されたすべてのシステム定義の結合インデックスにも適用されます。システム定義の結合インデックスに対して整合性チェックを直接指定することはできません。

値を指定しない場合、システムはシステム全体のデフォルト値をこのテーブル型に想定します。これは、DEFAULTを指定する場合と同じ意味を持ちます。

HIGH、MEDIUM、LOWの設定は推奨されていません。また、ONの指定と同じになります。
ON
ディスク ブロック全体を使用してチェックサムを計算します。チェックサムを生成するディスク ブロックのサンプル100%。ONはALLに相当します(ALLは非推奨です)。
OFF
CHECKSUMディスクI/O整合性チェックを使用不可にします。OFFはNONEに相当します(NONEは非推奨です)。
DEFAULT
デフォルト設定は、このテーブル型に指定されている現在のDBS制御のチェックサム設定です。