16.20 - DEFAULT JOURNAL TABLE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

現在のジャーネル テーブルの再定義。

このオプションを指定しても、変更されるデータベース内の既存のデータ テーブルの状態は変更されません。

journal_table_name
デフォルトのジャーナル テーブルの名前。DROPキーワードを省略してこの句を指定する場合には、journal_table_nameパラメータが必要です。
database_name
データベース名を省略した場合には、変更されるデータベースと見なされます。
変更されるデータベースにジャーナル テーブルがない場合には、システムによりデフォルトではjournal_table_nameが作成されます。
別のデータベースを指定する場合、そのデータベースがすでに存在し、journal_able_nameがそのデフォルトのジャーナル テーブルとして定義されていることが必要です。
DROP DEFAULT JOURNAL TABLE
DROPキーワードは、変更されるデータベースのデフォルトとして現在定義されているジャーナル テーブルのデフォルト設定を削除します。変更されるデータベース内にジャーナル テーブルが存在する場合には、DROPは、システムからそのテーブルも削除します(使用上の注意を参照してください)。
活動中のデータ テーブルによって使用されているジャーナル テーブルをDROPリクエストが削除しようとすると、エラー メッセージが返されます。

例: デフォルト ジャーナル テーブルの変更

変更されるデータベースの中に現在のジャーナル テーブルが含まれていない場合、次の要求を使用することにより、デフォルトのジャーナル テーブルをFinCopyからJrnl1に変更できます。

     MODIFY DATABASE Personnel AS
     DEFAULT JOURNAL TABLE = Jrnl1;

例: デフォルト ジャーナル テーブルの削除

変更されるデータベース内にデフォルトのジャーナル テーブルが含まれる場合には、そのジャーナル テーブルを変更するために、2つのMODIFYリクエストが必要です。

ジャーナル テーブルのFinCopyは、personnelデータベースに含まれています。デフォルトのジャーナル テーブルをFinCopyからJrnl1に変更するには、次のリクエストを入力して、現在のデフォルトのジャーナル テーブルを削除する必要があります。

     MODIFY DATABASE Personnel AS
     DROP DEFAULT JOURNAL TABLE;

このリクエストは、FinCopyをデフォルトではないようにした後、それをシステムから削除します。

既存のテーブルがジャーナル テーブルとしてFinCopyを使用している場合、このリクエストは、エラー メッセージを返します。

例: 新しいデフォルト ジャーナル テーブルの定義

デフォルトのジャーナルが削除された後、このリクエストを使用して新しいデフォルトのジャーナル テーブルを定義します。

     MODIFY DATABASE Personnel AS
     DEFAULT JOURNAL TABLE = Jrnl1;