16.20 - FALLBACK - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

データベースで以降に作成される各データ テーブルの二重コピー保護の新しいデフォルト。既存のデータ テーブルに対する現在のフォールバック設定は、変更されません。

PROTECTION
FALLBACKにより指定可能なオプションのキーワード。単独で使用されるFALLBACKキーワードはPROTECTIONを意味します。
NO
データベースで作成したデータ テーブルに二重コピー保護を提供しない設定にデフォルトを設定します。
フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。

例: フォールバック保護と領域割り当てオプションの変更

次のようにして、Financeデータベースのフォールバック保護と領域割り当てのオプションを変更します。

     MODIFY DATABASE finance AS 
     PERM = 75000000, 
     SPOOL = 150000000,
     NO FALLBACK,
     DROP DEFAULT JOURNAL TABLE = finance.journals;