16.20 - CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATION - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

許可オブジェクトを作成するか、置換します。

許可オブジェクトは、データベース ユーザーとOSプラットフォーム ユーザーIDを関連付け、指定されたOSユーザーに付与された文脈、権限、およびアクセス コントロールを使ってセキュア モードで外部ルーチンを実行できるようになります。 外部ルーチンとは、UDF、テーブルUDF、メソッド、および外部SQLプロシージャの総称です。 QueryGridを使用するリモート システムへのアクセスに使用するCREATE AUTHORIZATION信頼済み拡張機能については、Teradata QueryGridマニュアルを参照してください。

必要な権限

CREATE/REPLACE AUTHORIZATION文を実行するには、CREATE/REPLACE AUTHORIZATION権限またはAUTHORIZATION権限が必要です。

自動的に与えられる権限

許可の作成者にDROP AUTHORIZATION

構文