16.20 - MODIFY PROFILE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

指定したプロファイルのパラメータを変更します。

必要な権限

MODIFY PROFILEを使用するには、DROP PROFILE権限が必要です。

行レベル セキュリティ制約を割り当てるプロファイルを変更するには、CONSTRAINT ASSIGNMENT権限が必要です。

新しいユーザーは、暗黙にDROP PROFILE権限を持つことはありません。ユーザーDBCまたはWITH GRANT OPTION付きDROP PROFILE権限を保有するユーザーは、この権限を他のユーザーに付与できます。

MODIFY PROFILEの使用ルールと制約事項

同じMODIFYリクエストを使用して、任意のオプションまたはすべてのオプションを変更できます。変更は、プロファイルの定義が変更された後の次回のプロファイル メンバーのログオンの際に有効になります。

既存のオプションがMODIFY PROFILEリクエストによって変更されない場合、そのオプションの既存の値は有効なままです。

必要に応じて、システムはプロファイルのメンバーのPERM、SPOOL、TEMPORARYのいずれかの領域に対して定義されている値を少し変更します。この値は、システム内のAMP数の倍数で、現在よりも1段階大きな値です。

構文