16.20 - EXECUTE MAP - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

連続マップまたはスパース マップ、また、必要に応じて、テーブル演算子の実行にコロケーション名を指定します。テーブル演算子は、マップ内のAMPでのみ実行されます。

このマップを上書きするには、テーブル演算子を実行するSELECT文のFROM句のEXECUTE MAP句を指定します。<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

指定されたマップが許可されている必要があります。

map_name
連続マップまたはスパース マップの名前。
TD_DataDictonaryMapまたはTD_GlobalMapを指定することはできません。
COLOCATE USING colocation_name
他の関数、テーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスと同じAMP上の関数を共同設置するために指定します。
このオプションは、スパース マップに対してのみ指定できます。連続マップの場合、colocation_nameはNULLに設定されます。
コロケーション名を指定しない場合、名前はデフォルトでdatabase_functionになります。databaseはデータベースまたはユーザーの名前、その後に下線(_)が続き、functionはユーザー定義関数の名前です。databaseが63文字を超える場合、databaseは63文字に切り捨てられます。functionが64文字を超える場合、functionは64文字に切り捨てられます。