16.20 - 例: JSON自動列を使用した表の作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例は、JSON自動列jを持つMyTableテーブルを作成します。

CREATE TABLE MyTable (
a INTEGER, 
b INTEGER, 
j JSON AUTO COLUMN);

MyTableのこのテーブル定義には、長さ64Kバイトとラテン文字セットで定義されたJSON自動列jが含まれています。

CREATE TABLE MyTable (
a INTEGER, 
b INTEGER, 
j JSON(64000) CHARACTER SET LATIN AUTO COLUMN);

MyTableのこのテーブル定義には、長さ64Kバイトとラテン文字セットで定義された、自動列ではないJSON列cが含まれています。

CREATE TABLE MyTable (
a INTEGER, 
b INTEGER, 
c JSON, 
j JSON(64000) CHARACTER SET LATIN AUTO COLUMN);