16.20 - ROOT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ゾーンのrootは、セキュア ゾーンが作成されるデータベースまたはユーザーです。セキュア ゾーンを作成し、rootとしてデータベースまたはユーザーを関連付けます。データベースまたはユーザーをセキュア ゾーンのrootとして割り当てる前に、そのデータベースまたはユーザーには、付随するオブジェクト、ユーザー、データベース、ロール、またはプロファイルを含めないでください。

rootは、既存のユーザーまたはデータベースである必要があります。ユーザーまたはデータベースをrootとして指定する前に、そのユーザーまたはデータベースを作成する必要があります。

指定するユーザーまたはデータベースは、ゲスト、作成者、または別のセキュア ゾーンのメンバーであることはできず、またオブジェクト、子孫、ロール、プロファイル、あるいは制約を含むこともできません。

rootに対する権限を保持できるのは、ゾーンの作成者、所有者、およびrootの作成者だけです。他のユーザーがrootに対する権限を持つことはできません。rootは他のユーザーに対するどのような権限も持つことができません。

rootは、プロキシ ユーザーであることはできません。

rootには、ロールまたは制約を付与してはなりません。

ユーザーは、自分をゾーンのrootとして追加中にログインしてはなりません。

rootは、デフォルトのデータベースとしてのデータベースを持つことはできません。

指定するユーザーまたはデータベースでは、アクセス ロギングまたは問合わせロギングのルールをそれらに対して有効にしたり、それらで作成したりすることはできません。

database_name
データベースの名前。
user_name
ユーザーの名前。