16.20 - コネクション プーリングでのSET SESSION文の使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

コネクション プーリングは、要求元クライアント アプリケーションのエンド ユーザー間でサーバーのリソースを共有する技術です。この技術により、Teradata Databaseへのアクセスを可能にするキャッシュされた接続オブジェクトのセットを複数のエンド ユーザーで共有できます。コネクション プーリングによって、クライアント アプリケーションのエンド ユーザーがリクエストを実行依頼するたびに、Teradata Databaseへの新しい接続を確立することに伴うオーバーヘッドが排除されるので、パフォーマンスが改善します。

Teradata Databaseへの接続はリセットできないため、プールされたセッション(信頼済みセッションを含む)の間、次のセッションパラメータは変更しないでください。これらのパラメータの変更は、プールされた接続の次のユーザーによって継承されるためです。

  • 文字セット
  • 照合
  • データベース
  • 日付形式
  • デフォルトの日付形式
  • タイム ゾーン
  • トランザクション分離レベル