16.20 - table_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

統計を削除する以下のいずれかのデータベース オブジェクトの名前。

  • テーブルまたはグローバル一時テーブル
  • 単一テーブル ビュー

    単一テーブル ビューのHELP STATISTICSレポートのみを要求できます。

  • 単一テーブル問合わせ

    単一テーブルの問合わせのHELP STATISTICSレポートのみを要求できます。

ジャーナルまたはグローバル一時トレース テーブルに関する統計を収集することができないため、それらのデータベース オブジェクトに関する統計を削除することはできません。

database_name
table_nameを格納しているデータベース(現行データベース以外の場合)。
user_name
table_nameを格納しているユーザー(現行ユーザー以外の場合)。
TEMPORARY
実体化されたグローバル一時テーブルについての統計が削除されます。
このキーワードは、永久テーブル(Permanent Table)では無効です。永久テーブルとして定義されているテーブルに対してこのキーワードを使用すると、エラーが返されます。
TEMPORARYを指定しないが、参照されるテーブルがグローバル一時テーブルであった場合には、空のテーブルに関する統計は削除できるものの、それはグローバル一時テーブルの基本テーブルに基づくものであり、実体化されたインスタンスに基づいたものではありません。
TEMPORARYを正しく指定したものの、グローバル一時テーブルの実体化されたインスタンスがセッションに存在しない場合には、システムは、統計を削除する前に、そのグローバル一時テーブルの基本テーブルに対して定義されている統計すべてと共にインスタンスを実体化します。

例: テーブルに関するすべての統計の削除

このリクエストは、employee表に存在するすべての統計を削除します。

     DROP STATISTICS ON employee;