16.20 - MAXIMUMモード - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

文字データ型とクライアント使用形式に対して最大のデフォルト エクスポート幅を提供します。この場合、予期される幅の乗数は2で、調整は1です。

MAXIMUMモードは、メインフレーム クライアントの同じ文字列に複数のシフトアウト文字およびシフトイン文字が存在する事例を処理するように設計されています。実際の最大値の特定は複雑な計算になるので、Teradata Databaseは計算を単純化して単にn*3を乗算し、Unicode文字の数に基づいてエクスポートされたバイト数を特定します。

この処理は、文字列の長さが1の場合以外に実行されます。取ることができる最大数は、2バイト文字に対して2バイト、およびシフトアウト文字とシフトイン文字ごとに1バイトとなり(クライアントがメインフレームであることを前提)、合計4バイトになります。Teradata Databaseは1バイトを追加してこれを処理します。