16.20 - 例: テーブルからのNORMALIZE制約の削除 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、例: テーブルへのNORMALIZE制約の追加project表の非テンポラル バージョンを使用します。ただし、この テーブル定義では、normalize_ignore列リストで指定されているdept_id列にNORMALIZE ALL BUT制約を指定していることと、duration列にNORMALIZE制約が定義されている点が異なります。

     CREATE TABLE project  (
       emp_id	         INTEGER,
       project_name	   VARCHAR(20),
       dept_id	        INTEGER,
       duration	       PERIOD(DATE),
       NORMALIZE ALL BUT(dept_id) ON duration);

次のALTER TABLEリクエストでは、project表を変更して、NORMALIZE制約をduration列から削除します。

     ALTER TABLE project
     DROP NORMALIZE;