16.20 - シフトアウト文字とシフトイン文字がエクスポート幅に及ぼす影響 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

シフトアウトおよびシフトインは、異なる文字セットに切り替えたり、メインフレームにエクスポートされたデータを戻したりするために使用される制御文字です。ワークステーション接続システムは、シフトアウト文字およびシフトイン文字を使用しません。

  • シフトアウトは、代わりの文字エンコーディングにシフトします。Teradataの場合、これは常に2バイトのエンコーディングになります。
  • シフトインは、通常の文字エンコーディングに戻します。Teradataの場合、これは常に1バイトのエンコーディングになります。

Teradata Databaseは、すべての文字列(フィールド モードの外部にあるCHARACTER SET GRAPHIC列を除く)が最初は1バイト モードであることを前提としており、文字列が終了する前に1バイト モードに戻す必要があります。

以下のセッション文字セットは、エクスポート幅に関するシフトアウト/シフトインの考慮事項によって大きな影響を受けます。

  • KatakanaEBCDIC
  • 文字列'_0I'で終わる任意のセッション文字セット
  • STATEMACHINE SOSI0E0Fによるサイト定義セッション文字セット。

セッションのエクスポート幅のコンテキスト内のこれらの文字セットについて詳しくは、<Teradata Vantage™ NewSQL Engineの国際文字セット サポート、B035-1125>を参照してください。