16.20 - join_index_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

行パーティションが新しい現在日付またはタイムスタンプ値に調整される結合インデックスの名前。

例: 結合インデックスの行パーティションの変更

「例: パーティション式が複数のCURRENT_DATE関数に基づく場合のテーブルの行パーティションの変更」のテーブルで、2009年1月1日に、1つの行パーティションに現行四半期のデータを含め、2000.00以降の他のすべてのsale_amtのデータをもう1つの行パーティションに含めるように、行パーティションのスパース結合インデックスj_salesを定義するとします。

     CREATE JOIN INDEX j_sales AS 
       SELECT * 
       FROM sales 
       WHERE sale_amt>=2000.00
     PRIMARY INDEX (store_ID)
     PARTITION BY CASE_N(sale_date >= CURRENT_DATE, NO CASE);

解決されたCURRENT_DATEが2009年1月1日であると仮定した場合、結合インデックスj_salesには次の行が含まれます。

j_sales      
store_ID amount sale_date PARTITION
1 2000.00 2009-01-01 1
1 3500.00 2009-01-15 1
1 2000.00 2008-12-15 2
1 5000.00 2008-04-01 1

2009年4月1日に、次のALTER TABLE TO CURRENTリクエストを実行します。

     ALTER TABLE j_sales TO CURRENT;

結合インデックスj_salesの行は次のように調整されます。

j_sales      
store_ID amount sale_date PARTITION
1 2000.00 2009-01-01 2
1 3500.00 2009-01-15 2
1 2000.00 2008-12-15 2
1 5000.00 2008-04-01 2