16.20 - 識別列 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

非パーティションNoPIテーブルに識別列を指定することはできません。

Teradata Unityで使用するテーブルに対して識別列を指定する場合は、UnityおよびTeradata Databaseで変更データ マルチキャスト(CDM)を有効にする必要があります。<Teradata® Unity™ユーザー ガイド、B035-2520>を参照してください。

識別列は、ANSI SQL:2011に準拠しています。

UDT、Geospatial、およびPeriod列は、識別列としてサポートされていません。

識別列パラメータおよび列制約属性句を参照してください。

GENERATED ALWAYS AS IDENTITY
識別列の値は常に、システムによって作成されます。
GENERATED ALWAYS AS IDENTITYとして定義された識別列に値を挿入することはできません。更新することもできません。
GENERATED BY DEFAULT AS IDENTITY
識別列値には、システム生成またはユーザー挿入があります。
  • 列にnullを挿入すると、それを置換する識別列の値が生成されます。
  • 列に値を挿入すると、その値が識別列に挿入されます。