16.20 - LOCKING句 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

LOCKING句の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

LOCKING

データベース、テーブル、ビュー、または行ハッシュのロックの種類。この設定は、システムによってそのオブジェクトに設定されたすべてのデフォルトのロックを上書きします。

再帰的ビュー定義のシードの部分にLOCKING句を置くことはできますが、その定義の再帰の部分に置くことはできません。

DATABASE

このビューの定義のデータベース レベルでロックが設定されることを指定します。

database_name
user_name
ロックが設定されるデータベースまたはユーザーの名前。

TABLE

このビューの定義に対してテーブル レベルまたはビュー レベルでロックを設定するように指定します。

table_name
このビュー定義に対してロックが設定されるユーザー基本テーブルの名前。
グローバル一時テーブルと揮発テーブルを参照するビューを作成できます。
ビューはグローバル一時トレース テーブルを参照できますが、そのようなビューは更新不可です。 CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLEを参照してください。
再帰的なビュー定義は、行レベル セキュリティで保護された(RLS)テーブルおよび非RLSテーブルの両方、またはRLSテーブルに基づく他のビューを参照できますが、ビューで参照されるすべてのRLS基本テーブルには、同じRLS制約がある必要があります。ビュー定義で行レベル セキュリティの制約列を指定する必要はありません。ただし、ユーザーがビューにアクセスすると、基本テーブルの行レベル セキュリティの制約が、ビュー定義の一部であるかどうかに関係なく適用されます。
database_name
user_name
table_nameの格納先データベースまたはユーザーの名前(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。

VIEW

このビューの定義に対してビュー レベルでロックを設定するように指定します。

view_name
このビュー定義に対してロックされるビューの名前。
database_name
user_name
view_nameの格納先データベースまたはユーザーの名前(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。

ROW

このビューの定義の行ハッシュ レベルでロックを設定することを指定します。

FOR

配置するロックの強度を指定するオプションのキーワード。

ロックの型

このビューを介して基本テーブルにアクセスする場合に、次のように設定されるロックの重大度:
  • ACCESS
  • READ
  • WRITE
  • EXCLUSIVE
  • LOAD COMMITTED

MODE

オプション キーワード。

NOWAIT

示されたロックを取得できない場合に、このビューを使用するリクエストをアボートすることを指定します。

このオプションは、例えばロックが使用可能になるまで待機するプロセスで他のリソースを使用できなくするするようなリクエストがさらにリソースを待機するというデッドロック状況が発生する可能性を回避するために使用されます。