16.20 - AT TIME ZONE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この指定の後にSQLプロシージャのタイムゾーンを設定するように指定します。COMPILEオプションまたはCOMPILE ONLYオプションのいずれかが先行する場合にのみ、AT TIME ZONEを指定できます。AT TIME ZONEを単独で、またはEXECUTE PROTECTEDオプションやEXECUTE NOT PROTECTEDオプションの後に続けて指定することはできません。

LOCAL
プロシージャのタイムゾーンをシステム デフォルトに設定します。
sign ‘quotestring
プロシージャのタイムゾーン オフセットを± ‘quotestring'に設定します。符号の指定はオプションです。デフォルトは+です。Teradata Databaseは指定された式を必要に応じ、かつ許可される場合は、タイムゾーン変位またはタイムゾーン文字列に暗黙的に変換します。Teradata Databaseが± ‘quotestring’データ型で実行する暗黙的なデータ型変換の完全なリストについては、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「SET TIME ZONE」を参照してください。