17.00 - 17.05 - 変数モードのテーブル関数のフェーズ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseは、変数モードのテーブル関数を繰り返し呼び出します。これにより関数は、それ自体の初期化、外部オブジェクトへの接続、出力行の作成、オープンしている接続のクローズ、クリーンアップなどを行なう、さまざまなフェーズをパススルーできます。この関数は、FNC_GetPhaseまたはFNC_GetPhaseExライブラリ関数を使用して、現在のフェーズと、取るべきアクションを判別できます。

FNC_GetPhaseライブラリ関数を使用する関数は、次のフェーズをパススルーします。


FNC_GetPhaseライブラリ関数フェーズ

または、AMP上の有効な最新のローでいつ渡されたのかを知る必要のあるテーブル関数(この関数がすべての入力ローの処理が完了しないとローを返さないためと考えられる)は、FNC_GetPhaseEx関数とTBL_LASTROWオプションを使用して、次のフェーズをパススルーできます。


FNC_GetPhaseExライブラリ関数フェーズ

変数モードのテーブル関数の各フェーズの実装の詳細については、実装のガイドラインを参照してください。