17.00 - 17.05 - 登録済みJARファイルまたはZIPファイルの置換 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQLJ.INSTALL_JAR外部ストアド プロシージャを使用して事前に登録されたアーカイブ ファイル(具体的にはJARファイルまたはZIPファイル)を置換するには、SQLJ.REPLACE_JAR外部ストアド プロシージャを使用します。

置換アーカイブ ファイルには、CREATE/REPLACE PROCEDURE文またはCREATE/REPLACE FUNCTION文のEXTERNAL NAME句で参照されている、元のアーカイブ ファイルにあるすべてのクラス ファイルのクラス ファイルを格納する必要があります。元のアーカイブ ファイルにある一方、外部ルーチンで参照されないクラス ファイルは、置換アーカイブ ファイルから削除できます。置換アーカイブ ファイルには、新しいクラス ファイルを含めることができます。

置換クラスの定義が元の定義と一致しない場合、外部ルーチンを実行すると予測不能な結果となる可能性があります。Java外部ルーチンを実装するメソッドのパラメータ リストが、元のメソッドのデータ型と一致しないデータ型を使用する場合は、一致するJavaメソッドが見つからなかったことを示すエラーが戻されます。

アーカイブ ファイルを使用する、現在実行中のSQL文は、実行が完了するまで元のJARファイルまたはZIPファイルを使用し続けます。

始める前に

外部ルーチンの事前登録済みのJARファイルまたはZIPファイルを置換する前に、以下の手順を実行します。

  1. SQLJ.REPLACE_JAR外部ストアド プロシージャに対してEXECUTE権限を持っていることを確認します。
  2. デフォルト データベースがアーカイブ ファイルが登録されたデフォルト データベースと異なる場合は、DATABASE文を使用してデフォルト データベースを変更します。
  3. 以下のすべてのオブジェクトにおいて、DROP PROCEDURE権限またはDROP FUNCTION権限を持っていることを確認します。
    • デフォルト データベース
    • SQLJ.INSTALL_JARに渡されたSQL識別子によって識別される、デフォルト データベース内で置換するオブジェクト