17.00 - 17.05 - FNC_TblOpReadBuf - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

現在の入力バッファへのアクセスを提供します。

構文規則

int
FNC_TblOpReadBuf(BYTE **bufptr,
                 int   *length)
BYTE **bufptr
現在の入力バッファを参照するポインタ。
int *length
入力バッファのバイト単位の長さを指すポインタ。

戻り値

TBLOP_SUCCESS、TBLOP_EOF (データの終了)、TBLOP_ABORT、またはTBLOP_ERRORを示す整数。

使用上の注意

この関数は、現在の入力バッファを参照するポインタを返します。この関数は高性能ダイレクト バッファ リード アクセスに使用され、バッファが標準的行形式であることを要求します。バッファ形式は、IndicDataです。

複数の入力ストリーム処理のサポートが必要な場合、このルーチンの代わりにFNC_TblOpReadBufExを使用します。