17.00 - 17.05 - loadpkgストアド プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

パッケージの特定のバージョンを復元するために使用できるスクリプトを取得するには、loadpkgストアド プロシージャを使用します。

このスクリプトを生成するために、loadpkgは、前のsavepkgの呼び出しでdemddlおよびdempartシステム テーブルに格納された情報を使用します。

定義

REPLACE PROCEDURE loadpkg
   (IN  U_Name     VARCHAR(30),
    IN  U_Version  VARCHAR(30),
    IN  U_Database VARCHAR(30),
    IN  U_Machine  VARCHAR(30),
    IN  U_InfoType VARCHAR(30),
    OUT script     CLOB
   )

説明

U_Name
パッケージの名前。
ここで指定するパッケージの名前は、savepkgの前の呼び出しで渡したパッケージの名前と同じでなければなりません。
U_Version
パッケージのバージョン。
ここで指定するバージョンは、savepkgの前の呼び出しで渡したバージョンと同じでなければなりません。
U_Database
パッケージがインストールされたデータベースの名前。
ここで指定するデータベースの名前は、savepkgの前の呼び出しで渡したデータベースの名前と同じでなければなりません。
U_Machine
Teradataサーバーに関連付けられた識別子。
U_Machine識別子は、Teradataサーバーにログオンするときに使用したものと同じ識別子です。
U_InfoType
loadpkgscript OUT引数で返す内容のタイプ。有効な値は次のとおりです。
  • 'DDL': パッケージをデータベースにロードするために必要なDDL文を返すよう指定します。
  • 'PART': パッケージに関連付けられているすべてのファイルをSYSLIBテーブルから取得するためにlobteqコマンドを返すよう指定します。
script
DDL文またはlobteqコマンド。内容はU_InfoType IN引数の値によって異なる。