17.00 - 17.05 - UDMのパラメータ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

パラメータ リスト

UDMのパラメータ リストは、非常に独特です。これには、次のものが含まれます。
  • UDMに関連付けられたUDTのハンドル
  • メソッドの呼び出しで指定された入力パラメータ
  • UDMの結果およびSQLSTATE結果コードを戻す出力パラメータ

1つのUDMに対して、0~128個の入力パラメータを使用できます。入力パラメータとして使用する型は、メソッド呼び出しでのSQLデータ型に対応します。詳細は、SQLデータ型のマッピングを参照してください。

採用するパラメータ受渡し規則によっては、それ以外にパラメータが必要になることがあります。

ほとんどの場合、パラメータはデータへのポインタとして指定します。

互換データ型

メソッド呼び出し中にUDMに渡される引数の型は、必ずしも関数定義における対応するパラメータ宣言と厳密に一致している必要はありませんが、互換性のあるものでなければならず、互換データ型に適用される優先順位ルールに従っていなければなりません。

詳細については、<互換データ型>を参照してください。

パラメータ受渡し規則

UDMでは、次の2種類のパラメータ受渡し規則がサポートされています。

パラメータ受渡し規則 説明
パラメータ スタイルSQL 入力引数としてNULLを渡したり、結果としてNULLを戻す手段を提供します。
パラメータ スタイルTD_GENERAL NULL入力引数を受け入れず、NULLの結果を戻すこともありません。

UDMのコーディングで使用するパラメータ受渡し規則は、そのUDTのためのCREATE TYPE文のMETHOD指定のパラメータ受渡し仕様に対応するものでなければなりません。

CREATE TYPE文中のMETHODでの指定 関数パラメータ リストに使用する構文
PARAMETER STYLE SQLを指定する場合、またはPARAMETER STYLEオプションを指定しない場合 パラメータ スタイルSQLの構文
PARAMETER STYLE TD_GENERAL パラメータ スタイルTD_GENERALの構文